スポンサーサイト

  • 2015.06.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ぬらりひょんの孫     第26話 「少年たちの残照」感想

    • 2010.12.30 Thursday
    • 18:33
    ぬらりひょんの孫  見ました。

     四国妖怪編の総集編でした。
     最終回後に持ってくる意味があったんでしょうか。
     
     やや、玉章側視点で振り返っているような気もしましたが、最後に敵側でふりかえってもね。

     ジャンプ原作にしては、あまりいいつくりではなかった気がしました。

    ぬらりひょんの孫    第25話「月は空にある」感想

    • 2010.12.23 Thursday
    • 22:45
    ぬらりひょんの孫  見ました。

     予想通り、親父たちがでてきて、シャンシャンで終わりました。
     もっとも、リクオが既に圧勝していたので助かったのは玉章のほうです。
     
     つららちゃんは実は歳をとってたというのはびっくり。いったい、何歳くらいなんでしょうか。

     総集編で最終回っていらないような気がしますが。

    ぬらりひょんの孫    第24話「魔王の小槌」感想

    • 2010.12.16 Thursday
    • 23:13
    ぬらりひょんの孫  見ました。

     玉章は味方を次々殺して武器をパワーアップさせていきました。
     いつのまにか、ゆらちゃんとかカナちゃんもやってきて夜リクオとも急接近です。

     四国妖怪編で終わりっぽいですね。

    ぬらりひょんの孫    第23話「闇と氷」感想

    • 2010.12.08 Wednesday
    • 22:51
    ぬらりひょんの孫  見ました。

     遂に、ぬら組と四国妖怪の抗争がはじまりました。
     リクオがステルス能力で近づいて、いきなり玉章と大将対決。しかも、リクオが押し気味で勝負ありかと思いましたが、夜雀の暗闇攻撃で形勢逆転。

     それにしても、夜雀つよいなぁ。
     
     今週は今思うと、つららちゃん回だったような。

    ぬらりひょんの孫    第22話「暁に」感想

    • 2010.12.01 Wednesday
    • 23:06
    ぬらりひょんの孫  見ました。

     嵐の前の静けさでしょうか。ぬら組と四国妖怪の激突を前に、お互いの陣営の準備が整ったところまででした。

     玉章(たまずき)の素性がちょっと知れましたが危なそうな性格です。

     

    ぬらりひょんの孫    第21話 「七分三分の盃」感想

    • 2010.11.25 Thursday
    • 22:11
    ぬらりひょんの孫  見ました。

     とうとう四国妖怪に殴りこみをかけることにしたリクオさん。
     幹部クラスみんなでいくのかと思いきや、幹部クラスはみんなお爺さんの部下なので家で見守っているだけ。
     若手だけで百鬼夜行して殴りこみに行くことになりました。
     ぬら組、意外と余裕ありますな。
     
     タイトルの「七分三分の盃」は主従の誓いみたいなもんかな。

     

    ぬらりひょんの孫    第20話「幕は闇より開く」感想

    • 2010.11.18 Thursday
    • 20:38
    ぬらりひょんの孫  見ました。

     犬神に「君はだまされてる」ってリクオは言ってたけど、本人はわかってついていってるんだから意味のない忠告のような。

     犬神が圧倒的に強く見えたけど、夜リクオのほうがさらに上でした。武器のおかでかもしれませんが。

     昼リクオは説得してたのに、夜リクオは力でねじ伏せて、対応が裏表になってていい演出だと思いました。
     やっぱり、妖怪の世界は力の世界ですね。

     そして、今日も妖怪に出会えなかったキヨツグ君でした。

    ぬらりひょんの孫    第19話「凶犬、廃墟に咆哮す」感想

    • 2010.11.13 Saturday
    • 00:16
    ぬらりひょんの孫  見ました。
     
     犬神はリクオが人間とうまくやっているって勝手に思い込んでるけど、妖怪ってばれてないからだと思います。
     しかも、それは本人が努力してるからだし。憎しみで強くなるそうなので、ことの真偽はどうでもいいのでしょうが。

     おじいちゃんの会話から、うらはとれました。彰の暴走みたいです。

     四国妖怪はあいかわらず、単騎で出撃して各個撃破されてます。
     いくら部下をたくさんつれてっても戦闘員クラスじゃだまです。

    ぬらりひょんの孫    第18話 「夏実と千羽様」感想

    • 2010.11.03 Wednesday
    • 12:43
    ぬらりひょんの孫  見ました。

     今まであんまり目立ってなかった夏実ちゃんの話でした。土地神が何なのか不明でしたが、何でもありみたいです。千羽鶴も土地神様になってるので。

     今回も、清継くんがいい提案していました。
     四国妖怪はだいぶ数が減ってきたけど、いまだに余裕こいてて大丈夫か彰?

    ぬらりひょんの孫    第17話「気高き魂、紅に燃ゆ」感想

    • 2010.10.27 Wednesday
    • 22:28
    ぬらりひょんの孫  見ました。

     清継くんは実はかなりできる子みたいで驚きました。
     四国妖怪の裏の意図である、社の破壊に気づいたし。というか、土地神様とかいう設定ははじめて聞きました。
     そんな重要な拠点があるなら、最初から守っとけよって感じです。
     現場に調査に行く行動力とか、着物のきれはしから正体を当てた情報分析能力とか、次の敵出現を予測した推理力とか。。
     ぬら組に戦略的思考をもった人がいないだけかもしれませんが。
     ひょっとして、頭脳派はおじいちゃんだけ?

     徐庶と出会う前までの、劉備、関羽、張飛のパターンでしょうか。
    水鏡先生:「あなたのまわりには豪傑はそろっているが、軍師がいない」
    というやつ。

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    カウンター(2012/2/16〜)

    アクセスカウンター
    ワンデーカラコンおっきくなぁれメール配信結婚指輪サーチ欲しログ

    まどかマギカオンライン

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM